m3.com トップ>医療維新>スペシャル企画|熊本地震>医師会館を物資の中継拠点に、熊本市医師会

医師会館を物資の中継拠点に、熊本市医師会

仙台市医師会、いち早く支援に動く

2016年4月27日 高橋直純(m3.com編集部)


熊本地震の発災直後から、会員医療機関の安否確認や物資の確保などに奔走した熊本市医師会。熊本市医師会理事の宮本大典氏と事務局の奥村宣文氏は4月20日に行ったm3.comの取材に対し、「臨戦態勢になったのは初めて。走りながらやってきたが何とか形になってきた」と答えた。東日本大震災で医療界が得た教訓も支えになっていた。熊本市医師会に集められた物資震災6日目に当たる4月20日、熊本市医師会会館には断続的に市内の医療機関が水や食料、衛生材料などの物資を取りに来ていた。市医師会が、医療機関向けの物流拠点の役...

この記事は会員限定コンテンツです。
ログイン、または会員登録いただくと、続きがご覧になれます。

前の記事 次の記事