m3.com トップ>医療維新>レポート>「公衆衛生の仕事を」熊本県医師会から要望

「公衆衛生の仕事を」熊本県医師会から要望

医療提供体制は安定、中長期の支援が課題

2016年4月27日 成相通子(m3.com編集部)


日本医師会など医療専門職の団体や省庁で構成する「被災者健康支援連絡協議会」が4月26日に開かれ、各団体が熊本地震への対応状況を報告し、課題や要望を述べた。熊本市内の医療提供体制はおおむね安定しつつあるものの、中長期化に向けた継続的支援の在り方の検討や情報共有の重要性などが指摘された。また、熊本県医師会から「避難所などの現場で、公衆衛生的なアプローチの仕事をお願いしたい」と要望があったことを日医の常任理事の石井正三氏が紹介した。日医会長の横倉義武氏が冒頭であいさつした。石井氏によると、熊本県医師会...

この記事は会員限定コンテンツです。
ログイン、または会員登録いただくと、続きがご覧になれます。

インデックス(一覧

東京医大、元受験生33人が計1億2960万円求め提訴 2019/3/23

時間外・休日の病状説明を選定療養として提案へ、日病協 2019/3/22

既卒合格率56.8%、100%は2校、2019年医師国試 2019/3/20

ロボット支援手術、多いほど消費税補填不足が大 2019/3/20

赤ひげ大賞受賞は「今後も頑張れという意味」 2019/3/18

「医師法21条の解釈、従前と変わらず」医療法務研究協会懇談会 2019/3/14

訪日外国人の診療価格「一般的ケースは1.3倍」 2019/3/12

日医「技術進化でオンライン診療は対面診療に近づく」 2019/3/4

12の国立大学病院で消費税補填不足と試算 2019/3/2

東京五輪・パラ、競技会場敷地内は全面禁煙 2019/3/1

ワクチン納品遅れを把握する仕組みを6月にも稼働へ 2019/2/28

インフル治癒や陰性の証明「ナンセンス」 2019/2/28

「二次医療圏の考え方を整理しないと」四病協 2019/2/27

厚労省、公開会議は原則「ペーパーレス化」 2019/2/27

「進捗は工程表通り」オンライン資格確認など2020年度本格稼働 2019/2/27

医師法21条通知、佐々木厚労省医事課長が解説 2019/2/25

「得点調整根絶へ」、東京医大受験料返還訴訟で初弁論(2019/2/25訂正) 2019/2/22

「マイナンバーで保険証」報道は事実誤認、日医 2019/2/21

「死体外表に異常所見なし」でも警察への届け出対象 2019/2/21

妊産婦の保健・医療体制に対する検討会が発足 2019/2/18