m3.com トップ>医療維新>レポート>「公衆衛生の仕事を」熊本県医師会から要望

「公衆衛生の仕事を」熊本県医師会から要望

医療提供体制は安定、中長期の支援が課題

2016年4月27日 成相通子(m3.com編集部)


日本医師会など医療専門職の団体や省庁で構成する「被災者健康支援連絡協議会」が4月26日に開かれ、各団体が熊本地震への対応状況を報告し、課題や要望を述べた。熊本市内の医療提供体制はおおむね安定しつつあるものの、中長期化に向けた継続的支援の在り方の検討や情報共有の重要性などが指摘された。また、熊本県医師会から「避難所などの現場で、公衆衛生的なアプローチの仕事をお願いしたい」と要望があったことを日医の常任理事の石井正三氏が紹介した。日医会長の横倉義武氏が冒頭であいさつした。石井氏によると、熊本県医師会...

この記事は会員限定コンテンツです。
ログイン、または会員登録いただくと、続きがご覧になれます。

インデックス(一覧

「ヘルスケアICT立県」目指す、花角新潟県知事 2021/1/22

女子医大のプロポフォール事件、民事裁判が結審 2021/1/19

年末の感染拡大「職場の宴会や若者の飲食」が要因、アドバイザリーボード 2021/1/13

循環器疾患の死亡率、アドヒアランスの高低で3倍以上の差 2021/1/12

98歳の現役医師に「赤ひげ大賞」 2021/1/7

「全ての医療機関へのサポート必要」日医 2020/12/24

医療提供体制も代替性確保が必要-柵木充明・愛知県医師会会長に聞く◆Vol.2 2020/12/23

アビガン、新型コロナに対する有効性は「継続審議」 2020/12/22

ポリファーマシー対策で「始め方」と「進め方」作成へ 2020/12/17

医療者の流行語大賞、2位は「ソーシャルディスタンス」、1位は…? 2020/12/13

初期研修「地域医療」を半年に延長すべき?臨床研修部会で議論 2020/12/11

地域医療構想の再検証スケジュール、コロナ状況見て再検討 2020/12/10

医療事故調スタートから5年、権限強化について医師・医師以外で意見分かれる 2020/12/10

「“事故調”に制度根幹にかかわる法的問題」、滋慶医療科学大学長が指摘 2020/12/7

重点外来基幹病院は「手挙げ」、外来機能報告制度を了承 2020/12/4

都医会長「GoToトラベル、一時中断を」 2020/11/20

医療計画、6事業目として「新興感染症等対策」を追加 2020/11/20

「ビデオ通話での実施可」へ、特定保健指導の初回面接 2020/11/20

5つの新型コロナ対応事例を基に議論、地域医療構想WG 2020/11/6

コロナ禍で「受診抑制」も7割は体調悪化せず、健保連調査 2020/11/6