m3.com トップ>医療維新>スペシャル企画|熊本地震>被災地支援、医師資格証提示で優遇を要望、日医

被災地支援、医師資格証提示で優遇を要望、日医

横倉会長「他職種の連携は取れている」

2016年4月28日 高橋直純(m3.com編集部)


日本医師会の石川広己常任理事は4月27日の定例記者会見で、熊本地震の被災地支援に関連して、日医が発行する医師資格証を持った医師に対して、薬の受け渡しやガソリンの給油、被災地の通行などの優遇を図るように、厚生労働省に要請したと報告した。JMATに参加する医師に対しては医師資格証の携行を励行しており、まだ持っていない医師に対しては5日程度で発行できるような特別措置を実施する。申請書と顔写真付身分証だけで発行可能で、半年以内に都道府県、郡市区医師会に医師免許証原本と住民票の提出を求める。石川氏は「被災...

この記事は会員限定コンテンツです。
ログイン、または会員登録いただくと、続きがご覧になれます。

前の記事 次の記事