m3.com トップ>医療維新>レポート|臨床研修制度...>臨床研修、「卒前教育と連続性を考慮」

臨床研修、「卒前教育と連続性を考慮」

臨床研修制度WG、来年3月に素案とりまとめ

2016年5月2日 成相通子(m3.com編集部)


厚生労働省の第10回医師臨床研修制度の到達目標・評価の在り方に関するワーキンググループ(座長:福井次矢・聖路加国際病院長、以下WG)が4月28日に開かれ、2020年度の臨床研修制度の見直しに向けた到達目標の素案を2017年3月までに取りまとめる方針が決まった。素案は、文部科学省で改訂の検討が始まった「医学教育モデル・コア・カリキュラム」との連続性を考慮して到達目標案を策定し、それを達成するための経験症例などを定めた方略についても同WGの案を提出する方向で検討する。4月28日のワーキンググループで...

この記事は会員限定コンテンツです。
ログイン、または会員登録いただくと、続きがご覧になれます。

前の記事 次の記事