m3.com トップ>医療維新>スペシャル企画|熊本地震>移動するという選択肢について(熊本地震避難所)

移動するという選択肢について(熊本地震避難所)

2016年5月2日 岩田健太郎(神戸大学大学院医学研究科・微生物感染症学講座感染治療学分野教授)


沖縄県立中部病院(元厚労省)の高山義浩先生が熊本県庁で地震対策に尽力されています。いつもながらその正義感に満ちた社会活動には頭が下がります。高山先生は避難所における高齢者を被災地から引き離してはいけないとし、現場を知らずにそのような行為を強要すれば結局高齢者とその家族の利益にならないと論じておいでです(熊本地震の現場から「高齢者を被災地から引き離すべきか」apitalコラム)。在宅医療などに造詣の高山先生のご意見には一理あります。しかし、私はそれでも避難所から別の場所に住民が移動していくよう、あ...

この記事は会員限定コンテンツです。
ログイン、または会員登録いただくと、続きがご覧になれます。

前の記事 次の記事