m3.com トップ>医療維新>レポート|熊本地震>熊本地震、医療機関の7、8割は通常業務へ

熊本地震、医療機関の7、8割は通常業務へ

日医と被災地医師会が「TV会議」、JMATは継続

2016年5月11日 橋本佳子(m3.com編集長)


日本医師会会長の横倉義武氏は、5月11日の定例記者会見で、10日に実施した熊本地震の「TV会議」の様子を報告、熊本県の医療機関の7、8割は通常業務に戻っているものの、益城町や南阿蘇村ではまだ多くの避難者がいる上、これらの地域の医療機関は夜間や入院などの診療体制が震災前の半分以下の状態であることなどの事情を鑑み、JMAT(日医災害医療チーム)の派遣はもうしばらく継続することを表明した。被災地からの要望についても取りまとめを行い、日医や被災者健康支援連絡協議会として、近く政府に要望する予定(資料は、...

この記事は会員限定コンテンツです。
ログイン、または会員登録いただくと、続きがご覧になれます。

次の記事