m3.com トップ>医療維新>レポート|医療従事者の...>偏在対策「強力」に、「医師の働き方ビジョン」も策定

偏在対策「強力」に、「医師の働き方ビジョン」も策定

中間取りまとめ、自由開業・標榜制限などを検討

2016年5月20日 橋本佳子(m3.com編集長)


厚生労働省の第3回「医療従事者の需給に関する検討会」(座長:森田朗・国立人口問題研究所長)と、第6回「医師需給分科会」(座長:片峰茂・長崎大学学長)は5月19日、医学部定員を2019年度までは現行の9262人を最低でも維持するほか、医師の偏在対策として、専攻医の募集定員枠の設定、保険医の配置・定数の設定、自由開業・自由標榜の在り方などを今年末に向けて検討することを骨子とした「中間取りまとめ」(案)を了承した(資料は、厚労省のホームページ)。医師の働き方や勤務状況などの現状把握のため、全国調査も実...

この記事は会員限定コンテンツです。
ログイン、または会員登録いただくと、続きがご覧になれます。

前の記事 次の記事