m3.com トップ>医療維新>レポート|安倍政権の医...>死後24時間後、「看護師の確認で死亡診断書を」規制改革委

死後24時間後、「看護師の確認で死亡診断書を」規制改革委

スマホで遺体確認を要件に提案

2016年5月20日 高橋直純(m3.com編集部)


政府の規制改革会議(議長:岡素之・住友商事相談役)は5月19日、「規制改革に関する第4次答申-終わりなき挑戦-」を公表した。医療分野では、看護師の確認などを条件に、医師が死後24時間経過後も死後診察なしで死亡診断書を交付できるようにしたり、薬剤師不在時でも薬局で登録販売者が第二類、第三類医薬品を販売できるようにしたりすることなどを求めた。答申は80項目で、健康・医療分野としては下記の4分野10項目が挙げられている。(1)在宅での看取りにおける規制の見直し(2)薬局における薬剤師不在時の一般用医薬...

この記事は会員限定コンテンツです。
ログイン、または会員登録いただくと、続きがご覧になれます。

安倍政権の医療制度改革に関する記事(一覧

2018年末に新たな改革工程表、経済財政諮問会議 2018/6/16

介護分野で外国人人材の受入拡大、経済財政諮問会議 2018/6/6

2019-2021年度「社会保障改革を軸に『基盤強化期間』に」、経済財政諮問会議 2018/5/29

「地域別の診療報酬は“伝家の宝刀”」、荒井奈良県知事 2018/5/28

財政審、社会保障費抑制を求めるも、抑制目標示さず 2018/5/24

2040年度の医療費、66兆7000億円、政府推計 2018/5/22

日医横倉会長「患者に負担押しつけ、財務省は無責任」 2018/5/2

後期高齢者の窓口負担を2割に、財政審が議論 2018/4/26

社会保障改革推進「歳出水準目安を」、経済財政諮問会議 2018/4/13

日医横倉会長、都道府県別の診療報酬に改めて反対 2018/4/11

骨太方針2018でも社会保障費の枠組みを検討、経済財政諮問会議 2018/3/30

2018年前半の課題「医療費の地域差半減への取組加速」 2018/1/24

若手医師キャリア支援、「週4日勤務制」モデル事業も 2017/12/22

「医療費の地域差半減」、外来に加え、入院でも目標に 2017/12/21

日薬連「到底、納得できず」、薬価制度の抜本改革 2017/12/20

診療報酬本体0.55%増、「誠に残念、遺憾」、健保連 2017/12/19

日薬、医科と調剤の改定率配分維持に感謝 2017/12/19

「2018年度改定、ネットでマイナス1.19%」、大臣折衝で決定 2017/12/18

加藤大臣「門前・門内薬局、適正化を図る」、経済財政諮問会議 2017/12/2

麻生財務相「手は抜かない」、財政審「本体マイナス」求める建議 2017/11/30