m3.com トップ>医療維新>オピニオン|The Vo...>化学療法に用いた針は、ジップロックに入れるべきか

化学療法に用いた針は、ジップロックに入れるべきか

2016年5月27日 岩田健太郎(神戸大学大学院医学研究科・微生物感染症学講座感染治療学分野教授)


お恥ずかしいことで、化学療法での医療従事者の曝露対策について全く無知でした。今回、化学療法に用いた針をジプロックに入れ、その経緯で針刺し事故の相談を受けたので、調べてみた。「見てわかるがん薬物療法における曝露対策」(医学書院)によると、「調整に使用したHD(hazardousdrugs)の入っていたバイアルやアンプル、注射器や注射針、PPEなど:ジッパー付きプラスチックバッグに入れ、蓋付きの感染性廃棄物容器に入れる」とある。ただし、根拠となる文献は引用されていない。調剤に使用するものがなぜ「感染...

この記事は会員限定コンテンツです。
ログイン、または会員登録いただくと、続きがご覧になれます。

前の記事 次の記事

The Voice(医療)に関する記事(一覧

「高野病院を支援する会」運営の舞台裏 2017/2/11

オーストラリアの薬局解体新書~日本の保険薬局の今後を考える~ 2016/10/5

在宅医療で必要なフィジカルアセスメント 2016/9/28

「かかりつけ医以外」への受診時定額負担の導入に反対 2016/9/3

北米現地レポート 2016/8/23

地域包括ケアを破綻させる論拠不在の経団連の主張に反論 2016/8/10

オーストラリアの薬局解体新書~日本の保険薬局の今後を考える~ 2016/6/24

オーストラリアの薬局解体新書~日本の保険薬局の今後を考える~ 2016/6/23

北米現地レポート 2016/6/16

オーストラリアの薬局解体新書~日本の保険薬局の今後を考える~ 2016/6/9

在宅医療×EBMのケーススタディ 2016/6/2

私達のカラダの情報と未来 2016/5/29

化学療法に用いた針は、ジップロックに入れるべきか 2016/5/27

北米現地レポート 2016/5/24

創設趣旨を逸脱、歪曲する産科医療補償制度の暴走を批判 2016/5/22

一発で診断できる名医はそんなにいない 2016/5/22

在宅医療で必要なフィジカルアセスメント 2016/5/18

ジカウイルス感染症――神経親和性が引き起こす多彩な病態像 2016/5/16

震災と感染予防。キャッチアップ・スケジュールの制度化を望む 2016/5/13

オーストラリアの薬局解体新書~日本の保険薬局の今後を考える~ 2016/5/11