m3.com トップ>医療維新>レポート|専門医の在り...>総合診療専門医への「期待」と「懸念」

総合診療専門医への「期待」と「懸念」

第7回日本プライマリ・ケア連合学会学術大会シンポジウム

2016年6月12日 橋本佳子(m3.com編集長)


第7回日本プライマリ・ケア連合学会学術大会が6月11日、東京都で開催され、シンポジウム「総合診療専門医の育成に向けて」で、高齢社会かつ医師不足の時代にあって、認知症対応や小児科医不足の地域で小児医療を担うなど、現在の医療ではカバーしきれない部分の担い手としての「期待」が寄せられた一方、幅広い領域での研修が求められることへの「懸念」が呈せられた。既に地域医療を担っている医師にも、資格取得を認めるべきとの意見も上がった。シンポジウムの冒頭、司会を務めた同学会副理事長の前野哲博氏(筑波大学医学医療系地...

この記事は会員限定コンテンツです。
ログイン、または会員登録いただくと、続きがご覧になれます。

次の記事