m3.com トップ>医療維新>スペシャル企画|m3.com...>医学部定員、「減らすべき」が6割強◆Vol.2

医学部定員、「減らすべき」が6割強◆Vol.2

25の医学部長・学長、「増やすべき」はゼロ

2016年6月22日 成相通子(m3.com編集部)


日本の医学部定員は、1970年代の1県1医大構想で新設医大の開学とともに増え続け、1980年代前半に8280人まで増えた。その後、医師過剰の懸念から徐々に削減され、2007年まで7625人で推移していた。2008年度に医師不足が深刻な都道府県への配慮から地域枠などの定員増員が始まり、2016年度には35年ぶりに医学部が新設され、医学部定員は過去最多の9262人に上った(文部科学省のホームページより)。厚生労働省は日本の医師数がOECD平均に近付きつつあることから、「医療従事者の需給に関する検討会...

この記事は会員限定コンテンツです。
ログイン、または会員登録いただくと、続きがご覧になれます。

m3.com全国医学部長・学長アンケートに関する記事(一覧

臨床実習重視の教育改革を評価も、人員不足など課題山積 2018/8/10

医師国試の基準改訂も「学生の負担は変わらない」 2018/8/1

医師の過剰負担、軽減の必要性に社会的合意が必要 2018/7/29

勤務時間の的確な把握が急務 2018/7/25

医師不足に苦慮、定員増見込めない中で種々の対策を模索 2018/7/23

医学部定員、減らす方向性に同意も“柔軟な”対応が必要 2018/7/18

医師の都市部への集中を決定、研修レベルの是正に期待 2018/7/15

入局者「変わらない」が「増えた」をやや上回る 2018/7/11

医学部長・学長お薦めの本◆vol.11 2017/8/16

医学部長・学長の入学式でのメッセージ◆10-3 2017/8/14

医学部長・学長の入学式でのメッセージ◆10-2 2017/8/14

医学部長・学長の入学式でのメッセージ◆10-1 2017/8/14

女性医師の働き方、周囲含め意識作り重要◆Vol.9 2017/8/11

キャリア教育や就労継続支援、充実の傾向◆Vol.8 2017/8/9

国試の目指す方向、医学部長の考え◆Vol.7 2017/8/5

医学部での国試対策、多くの大学で実施◆Vol.6 2017/8/2

専門医研修、基幹施設は「大学病院」優勢◆Vol.5 2017/7/31

長時間労働、一定の管理を◆Vol.4 2017/7/28

医師の働き方改革、アイデアさまざま◆Vol.3 2017/7/26

義務年限果たさない地域枠学生、対策は?◆Vol.2 2017/7/21