m3.com トップ>医療維新>医師調査|どうなる?「...>医師の7割、終末期に胃ろうや点滴望まず◆Vol.2

医師の7割、終末期に胃ろうや点滴望まず◆Vol.2

3割以上が「一切の延命治療」を拒否

2016年8月1日 成相通子(m3.com編集部)


高齢者への人工的に栄養を補給する胃ろうや中心静脈栄養の是非をめぐって、意見が分かれている。日本は諸外国と比較して胃ろうの造設件数が多く、嚥下機能の評価を十分にしないまま安易に造設するケースが多いとの批判を受け、胃ろう造設術の減少を目的に、2014年度診療報酬改定で点数の引き下げが行われた。しかし、造設件数はほとんど減少していない(『胃ろうの実施件数、「あまり減っていない」』を参照)。社会保障費の増加抑制が迫られる中、高齢者と医療費の問題についても厳しい目が注がれている。胃ろうなどの終末期医療を「...

この記事は会員限定コンテンツです。
ログイン、または会員登録いただくと、続きがご覧になれます。

前の記事 次の記事