m3.com トップ>医療維新>医師調査|どうなる?「...>医師の4割、最期は「自宅」を希望、病院支持者も◆Vol.3

医師の4割、最期は「自宅」を希望、病院支持者も◆Vol.3

延命治療、勤務医の半数以上は家族と話し合い済み

2016年8月2日 成相通子(m3.com編集部)


「長年住んだ自宅で最期を迎えたい」。そのような患者の希望を支えるため、診療報酬改定などで在宅医療が推進されているものの、自宅での看取りはまだまだ困難が多い。日常的に「死」と接することが比較的多い医師にとって、「理想の終の棲家」はどこなのか。前回の調査で、回答者の多くが「延命治療を希望しない」という結果になったが(『医師の7割、終末期に胃ろうや点滴望まず◆Vol.2』を参照)、今回は最期を過ごしたい場所について、医師509人(勤務医503人、開業医506人)に尋ねた(調査の詳細は『高齢者の保険診療...

この記事は会員限定コンテンツです。
ログイン、または会員登録いただくと、続きがご覧になれます。

前の記事 次の記事