m3.com トップ>医療維新>医師調査|どうなる?「...>勤務医の8割、フリーアクセス制限もやむなし◆Vol.5

勤務医の8割、フリーアクセス制限もやむなし◆Vol.5

開業医は慎重な意見が多い傾向

2016年8月6日 成相通子(m3.com編集部)


高齢化や医療技術の進歩で増え続ける医療費。厳しい財政状況の中で、医療費抑制のためには、フリーアクセスの制限もやむを得ないとの意見もある。2016年度診療報酬改定では、紹介状なしの大病院受診時には5000円以上の定額負担が義務化されるなど、実質的なフリーアクセスの制限につながる施策も打ち出された。現場の医師はどう考えるのか。医師509人(勤務医503人、開業医506人)に尋ねた(調査の詳細は『高齢者の保険診療に制限、過半数の医師が支持◆Vol.1』を参照)。Q.この4月から、特定機能病院と、一般病...

この記事は会員限定コンテンツです。
ログイン、または会員登録いただくと、続きがご覧になれます。

前の記事 次の記事