m3.com トップ>医療維新>医師調査|どうなる?「...>医師の6割強、「多剤・重複投与の是正」を支持◆Vol.6

医師の6割強、「多剤・重複投与の是正」を支持◆Vol.6

「薬剤費適正化の余地なし」は2~4%のみ

2016年8月7日 成相通子(m3.com編集部)


2016年度診療報酬改定では、「薬」が医療費削減のターゲットになった。基本方針には、後発医薬品の使用促進、残薬や重複投薬、不適切な長期処方の減少などの適正使用を推進、門前薬局にもメスが入った(『「治し、支える医療」に転換、削減のターゲットは薬』を参照)。2017年度は診療報酬改定の予定はないが、消費税増税を先伸ししつつ「財政健全化」を掲げる安倍政権の下、医療費抑制に向けた動きは今後強まりそうだ。さらなる薬剤費の適正化の余地はあると考えられるのか。医師509人(勤務医503人、開業医506人)に尋...

この記事は会員限定コンテンツです。
ログイン、または会員登録いただくと、続きがご覧になれます。

前の記事 次の記事