m3.com トップ>医療維新>医師調査|どうなる?「...>医師の6割以上、「標榜科の制限は必要」◆Vol.9

医師の6割以上、「標榜科の制限は必要」◆Vol.9

専門医資格との連動は否定的

2016年8月13日 m3.com編集部


日本の自由標榜制に対する批判は根強い。厚生労働省の検討会が今年末までに「在り方を検討する」との中間とりまとめを発表し(『偏在対策「強力」に、「医師の働き方ビジョン」も策定』を参照)、日本医学会会長の高久史麿氏ら、医学界の重鎮からも自由標榜制の改善を求める声が強い(『専門医、「標榜」と将来は連動◆Vol.26』を参照)。m3.com会員の医師はどう考えるのか。医師509人(勤務医253人、開業医256人)に尋ねた((調査の詳細は『高齢者の保険診療に制限、過半数の医師が支持◆Vol.1』を参照)。Q...

この記事は会員限定コンテンツです。
ログイン、または会員登録いただくと、続きがご覧になれます。

前の記事 次の記事