m3.com トップ>医療維新>医師調査|どうなる?「...>医学部定員、「現状維持」と「削減」で二分◆Vol.12

医学部定員、「現状維持」と「削減」で二分◆Vol.12

「時代に合わせた定員を」「増員で状況改善は無理」

2016年8月26日 m3.com編集部


2007年度に7625人だった医学部定員は、2016年度に9262人にまで増えた。医学部定員増と人口減少などの影響で、日本の10万人当たりの医師数は、10年後にOECD平均を上回るとの推計が出た。今後、医療需要の減少も見込まれており、医学部定員を削減すべきという意見も出ている。一方で、女性医師の増加やキャリアパスの多様化、地域・診療科の偏在が解消していないことから、医学部定員数を削減すべきではないという見方もある。医師509人(勤務医253人、開業医256人)に、今後10年間の医学部定員のあり方...

この記事は会員限定コンテンツです。
ログイン、または会員登録いただくと、続きがご覧になれます。

前の記事 次の記事