m3.com トップ>医療維新>医師調査|どうなる?「...>社会保障、「アクセス」犠牲で維持◆Vol.13

社会保障、「アクセス」犠牲で維持◆Vol.13

開業医の2割強は「どれも下げるべきではない」

2016年8月29日 m3.com編集部


低コストでフリーアクセス、さらに高いレベルを維持してきた日本の医療。しかし、医療需要の増加や医療技術の進歩などで、社会保障費は大幅に伸び続け、赤字の続く国家財政の下で社会保障費抑制への圧力は高まっている。「医療の質」「アクセス」「保険給付範囲」の3つを今後も維持し続けるのは、極めて困難だと言わざるを得ない。では、持続可能な医療制度とするために、この3つのうち、いずれかのレベルを犠牲にするとしたら、どれを選ぶべきか。医師509人(勤務医253人、開業医256人)に尋ねた(調査の詳細は『高齢者の保険...

この記事は会員限定コンテンツです。
ログイン、または会員登録いただくと、続きがご覧になれます。

前の記事 次の記事