m3.com トップ>医療維新>医師調査|どうなる?「...>医師500人が予想、20年後の医療レベル◆Vol.14

医師500人が予想、20年後の医療レベル◆Vol.14

「保険給付範囲」のレベル低下が最も危惧

2016年8月30日 m3.com編集部


前回、『社会保障、「アクセス」犠牲で維持◆Vol.13』では、厳しい国家財政の中で、「保険給付範囲」「アクセス」「医療の質」の3つのうち、レベルを下げるならば、どれを選ぶかを尋ねた。今回は、2035年の日本の医療における3つのレベルを、医師509人(勤務医253人、開業医256人)に予想してもらった(調査の詳細は『高齢者の保険診療に制限、過半数の医師が支持◆Vol.1』を参照)。Q.2035年(約20年後)の日本の医療で、「保険給付範囲」「アクセス」「医療の質」のレベルは今と比べて、どのようにな...

この記事は会員限定コンテンツです。
ログイン、または会員登録いただくと、続きがご覧になれます。

前の記事 次の記事