m3.com トップ>医療維新>医師調査|どうなる?「...>「財政優先の医療制度いじりは邪道」「高齢者の負担増加を」◆Vol.15-3

「財政優先の医療制度いじりは邪道」「高齢者の負担増加を」◆Vol.15-3

混合診療拡大?皆保険制度維持?目指すべき医療の姿

2016年9月17日 m3.com編集部


アメリカの医師の高い自殺率の背景に、自由診療制度が関わっている。アメリカでは、製薬会社や保険会社が巨大な政治力を握り、薬剤費や民間保険料の高騰で、適切な医療を受けられない患者が増え、患者と企業の板挟みで苦しむ医師が増えているというのだ(『「財界人の意見で政策決定は危険」』を参照)。国民皆保険制度は、日本の医療の発展と国民の健康維持に大きく寄与してきた。しかし、少子高齢化や医療費の増大を受け、医療保険制度の改革は不可避だ。社会保障費を抑制するため、保険診療の範囲を制限し、混合診療を拡大すべきとの意...

この記事は会員限定コンテンツです。
ログイン、または会員登録いただくと、続きがご覧になれます。

次の記事