m3.com トップ>医療維新>レポート|大学・医学教...>「医学教育、大きな変貌を遂げた」

「医学教育、大きな変貌を遂げた」

医学部長病院長会議、2015年度臨床実習時間は増加

2016年6月17日 橋本佳子(m3.com編集長)


全国医学部長病院長会議は6月16日の記者会見で、2015年度の「医学教育カリキュラムの現状」を公表、臨床実習の時間が増加するなど、「医学教育は大きな変貌を遂げた」と説明した。同会議のカリキュラム調査ワーキンググループの座長を務める奈良信雄氏は、「この2,3年で医学部のカリキュラムは大きく変わっている」と説明、その要因として「2023年問題」に伴う、国際基準を踏まえた医学教育分野別評価の要請を挙げた。米国のECFMG(医師国家試験受験資格審査NGO団体)は、「2023年以降は、国際基準で認定を受け...

この記事は会員限定コンテンツです。
ログイン、または会員登録いただくと、続きがご覧になれます。

前の記事 次の記事