m3.com トップ>医療維新>レポート|大学・医学教...>「医学教育、大きな変貌を遂げた」

「医学教育、大きな変貌を遂げた」

医学部長病院長会議、2015年度臨床実習時間は増加

2016年6月17日 橋本佳子(m3.com編集長)


全国医学部長病院長会議は6月16日の記者会見で、2015年度の「医学教育カリキュラムの現状」を公表、臨床実習の時間が増加するなど、「医学教育は大きな変貌を遂げた」と説明した。同会議のカリキュラム調査ワーキンググループの座長を務める奈良信雄氏は、「この2,3年で医学部のカリキュラムは大きく変わっている」と説明、その要因として「2023年問題」に伴う、国際基準を踏まえた医学教育分野別評価の要請を挙げた。米国のECFMG(医師国家試験受験資格審査NGO団体)は、「2023年以降は、国際基準で認定を受け...

この記事は会員限定コンテンツです。
ログイン、または会員登録いただくと、続きがご覧になれます。

前の記事 次の記事

大学・医学教育を考えるに関する記事(一覧

合格率88.7%、過去10年で最低、2017年医師国試 2017/3/17

2018年国試は大改革、2日に短縮-第111回医師国家試験総評-李権二・TECOM講師に聞... 2017/3/1

実臨床に即したリアルな良問が多数-第111回医師国家試験総評-李権二・TECOM講師に聞く... 2017/2/24

「医学教育、大きな変貌を遂げた」 2016/6/17

医学生の臨床実習、「包括同意」取得は4割 2016/4/22

国際医療福祉大学、北島政樹学長が退任 2016/3/26

新卒合格率100%は4校、2016年医師国試 2016/3/18

合格率91.5%、過去10年で最高、2016年医師国試 2016/3/18

国立大病院、「病院長の権限強化」提言へ 2016/3/17

国試受験生の親にお願いしたいこと、第110回医師国家試験総評-李権二・TECOM講師に聞く... 2016/2/23

臨床の長文化で国試難化に拍車か、第110回医師国家試験総評-李権二・TECOM講師に聞く◆... 2016/2/19

成田医学部の「次元異なる教育」を疑問視 2016/2/19

医学部1年の留年者1.74倍、「緊急対策を」 2016/2/18

日本医学教育評価機構が発足、国際的な質保証目指す 2015/12/24

6月から集中立入検査、特定機能病院 2015/5/15

大学病院外来は平均1872人、紹介率80%と高率 2015/4/17

「JACME」、全80大学が参加し今秋発足 2015/4/16

合格率低下に歯止め、2015年薬剤師国試 2015/3/28

医学生、学力低下は確認されず 2015/3/22

新卒合格率100%は6校、2015年医師国試 2015/3/19