m3.com トップ>医療維新>レポート|中央社会保険...>DPC、次期改定に向けた検討方針固まる

DPC、次期改定に向けた検討方針固まる

2016年度改定の入院への影響、2年に分けて調査

2016年6月23日 橋本佳子(m3.com編集長)


中央社会保険医療協議会総会(会長:田辺国昭・東京大学大学院法学政治学研究科教授)は6月22日、DPCの今後の検討課題と、「入院医療等の調査・評価分科会」が行う今後の調査方針などについて了承した(資料は、厚生労働省のホームページ)。DPCについては、次回の2018年度診療報酬改定に向けて、調整係数が廃止されることからその対応のほか、IからIII群の医療機関群別の基礎係数、DPC病院の機能を評価する機能評価係数IIなどが検討課題。さらにDPC検討ワーキンググループにて、診断群分類の見直しなども検討す...

この記事は会員限定コンテンツです。
ログイン、または会員登録いただくと、続きがご覧になれます。