m3.com トップ>医療維新>レポート|日医代議員会>「医療費抑制ありき、地域差の画一的縮小認めず」

「医療費抑制ありき、地域差の画一的縮小認めず」

第138回日医臨時代議員会、中川副会長

2016年6月28日 橋本佳子(m3.com編集長)


6月26日の第138回日本医師会臨時代議員で、副会長の中川俊男氏は、第1期の医療費適正化計画では、当初の見込みよりも0.2兆円過大に抑制され、その主な要因は診療報酬自体の抑制であると問題視。同時に、医療費適正化計画は、地域住民の健康への意識を高めたりするなどの点では意味があるものの、「医療費抑制ありき」であってはならず、「医療提供体制をゆがめるような目標設定は今後も絶対に認めない」との方針を示した。また現在、各都道府県で策定が進む地域医療構想は、医療費の効率化を狙う医療費適正化計画とは、「次元が...

この記事は会員限定コンテンツです。
ログイン、または会員登録いただくと、続きがご覧になれます。

日医代議員会に関する記事(一覧

「受療行動変革、一層進める」日医横倉会長 2018/6/27

地域別診療報酬「絶対に容認できない」、日医横倉会長 2018/6/26

「医療機関には適正な利益必要」今村日医副会長 2018/6/26

健康寿命の県別比較は無意味、「取り組み評価の指標に」羽鳥日医常任理事 2018/6/26

診療報酬算定要件の研修「受講しにくければ改善図る」松本日医常任理事 2018/6/26

「医療版マクロ経済スライド、抑制目標盛り込まれず」石川日医常任理事 2018/6/26

「医師の登録制度、明確に反対」松本日医常任理事 2018/6/25

「医師確保に実効性持たせる第三者機関が必要」松本日医常任理事 2018/6/25

国外居住の外国人への医療給付「現在は合法だが要検討」松本日医常任理事 2018/6/25

「オンライン診療は補完、初診は認めず」今村日医副会長 2018/6/25

「ムンプス・ロタワクチン、定期接種化を要請」釜萢日医常任理事 2018/6/25

医業継承問題「勤務医への適切な情報提供も必要」小玉弘之常任理事 2018/6/25

「柔整師の超音波検査に懸念」松原日医副会長 2018/6/25

「梅毒届出時に性風俗関連の事項追加検討」釜萢日医常任理事 2018/6/25

「ワクチン需給ギャップ、情報共有で対応」釜萢日医常任理事 2018/6/25

「HPVワクチン接種再開に向けフォーラム」松原日医副会長 2018/6/24

「医師少数区域勤務で所得税優遇を検討」中川日医副会長 2018/6/24

「医師強制配置ではなく、自主的な判断の仕組みを」中川日医副会長 2018/6/24

4期目に臨み「3つの課題」掲げる、横倉日医会長 2018/6/24

「チーム横倉」として一致団結、横倉日医会長、3副会長が会見 2018/6/23