m3.com トップ>医療維新>レポート|地域医療構想>医療と介護の連携のハブ、ケアマネジャー担う

医療と介護の連携のハブ、ケアマネジャー担う

医療介護総合確保促進会議、「勤務医の理解不足」の指摘も

2016年7月5日 橋本佳子(m3.com編集長)


厚生労働省の第7回医療介護総合確保促進会議(座長:田中滋・慶應義塾大学名誉教授)は7月4日、総合確保指針の改定に向け、医療と介護の連携のあり方について議論した。指針改定は今年末までに行い、同時並行的に検討が進み、今年度末までに策定予定の医療計画と介護保険事業計画の基本指針に盛り込む予定(資料は、厚労省のホームページ)。厚労省は、指針改定の重要課題として、医療介護連携の促進を掲げ、具体的な視点として、(1)入院時、退院時に備えた切れ目のない医療・介護提供に関する視点、(2)居宅等における看取りを含...

この記事は会員限定コンテンツです。
ログイン、または会員登録いただくと、続きがご覧になれます。

地域医療構想に関する記事(一覧

「実態のない急性期病棟」にメス、客観的基準で「外れ値」除外 2018/6/18

8府県は未設定、医療計画「原則記載」の在宅目標 2018/5/24

「地域医療構想アドバイザー」、都道府県単位で設置へ 2018/5/16

進む病院の再編統合、ネックは「給与体系の相違」 2018/5/16

地域医療構想調整会議、成功のカギは「対話と信頼」 2018/3/29

地域医療構想調整会議、「郡市医師会の役割が重要」 2018/3/28

急性期医療を全く提供していない「急性期病棟」、データ公表へ 2018/3/28

有床診の特例開設、「調整会議の協議」が前提 2018/3/3

「大学病院こそ地域包括ケアを理解、教育する場」 2018/1/11

「『No』と言える調整会議」、中川日医副会長 2017/12/24

地域医療構想、「調整会議の進め方」の指針取りまとめ 2017/12/13

「調整会議」の運営指針、年内にも取りまとめ 2017/11/20

病床機能報告の基準に「在院期間」、中川日医副会長が反対 2017/10/26

地域医療構想「正しい理解を」、中川日医副会長 2017/10/7

904億円基金、2015年度の年度内執行率は46% 2017/9/8

外科系の高度急性期・急性期、7%は「1カ月の手術ゼロ」 2017/7/19

公的医療機関に対し、「改革プラン」策定を要請 2017/7/19

医師偏在対策「キャリア形成プログラム」、医療計画に位置付け 2017/6/30

「新規開設・増床」、許可前に調整会議で確認 2017/6/23

地域医療構想「大学の理解不十分」「『回復期不足』も誤解」 2017/6/3