m3.com トップ>医療維新>レポート>「日本の臨床研究は明治時代」、永井自治医大学長

「日本の臨床研究は明治時代」、永井自治医大学長

J-CLEAR夏季セミナー、臨床研究法案めぐる議論も

2016年7月18日 高橋直純(m3.com編集)


臨床研究適正評価教育機構(J-CLEAR)が7月16日に開催した夏季セミナーで、自治医科大学学長の永井良三氏は「日本の医薬品開発と臨床研究の課題」として講演。日本循環器学会代表理事を務めていた時期に対応に当たったKHS(KyotoHeartStudy)問題について「エネルギーや人員を動員し、学会としてやれる限界」で対応したと振り返った。臨床研究の体制について、「日本はまだ明治10年か15年ぐらいの段階にある」と指摘。医療費の1%を研究に回すように提案した。永井氏は、KHSをはじめ、ノバルティスフ...

この記事は会員限定コンテンツです。
ログイン、または会員登録いただくと、続きがご覧になれます。

インデックス(一覧

外国人旅行者の診療拠点「手上げのメリット見えず」 2019/8/20

救命医療の先取りに自負、仲間を募集◆大阪府三島救命救急センターVol.2 2019/8/19

最後の選択肢「人件費をクラファンで」◆大阪府三島救命救急センターVol.1 2019/8/12

地域包括ケア病棟「懸命に働くと利益が出にくい」 2019/8/9

日医、スイッチOTC化「真摯に議論している」 2019/8/7

AJMC山下会長「一方的に破られると対応できない」 2019/8/7

鈴木医務技監「変化に対応し、勝ち組の医療機関に」 2019/8/5

「地域密着型病院、基幹型病院で機能分担と連携を」相澤日病会長 2019/8/2

社会保障費の自然増5300億円が上限 2019/7/31

「開業医、時々勤務医」を可能に-江津メディカルネットワーク◆Vol.1 2019/7/31

予防・健康づくりへの重点化を要望 2019/7/29

オンライン診療「医療の質の向上にエビデンス構築を」 2019/7/29

東北医科薬科大、第1期生が臨床実習へ 2019/7/26

医師の業務移管、四病協は5分野に言及 2019/7/26

四病協税制改正要望「病院は原則、消費税課税に」 2019/7/25

「外来医療計画は開業規制」は誤解、日医が改めて説明 2019/7/24

医師の残業上限特例、「1860時間はおかしい」 2019/7/22

「3年半に9回の指導」歯科医師が実例報告、健康保険法改正研究会シンポ 2019/7/22

「診療しないこと」が正当化される場合など周知へ 2019/7/19

「在宅医療は21世紀のイノベーション」、2学会合併で第1回大会 2019/7/19