m3.com トップ>医療維新>レポート>東大、医学系4教授、11の論文不正疑惑を予備調査

東大、医学系4教授、11の論文不正疑惑を予備調査

匿名の告発文が発端、「もはや看過すべきではない」

2016年9月1日 橋本佳子(m3.com編集長)


東京大学は、医学系教授が主催する4研究室の計11の論文について、グラフに不自然な点があるなどとした研究不正行為を質す告発文を受け、その真偽を明らかにする目的で、同大の行動規範委員会が8月22日から予備調査を開始したことが、このほど分かった。11の論文は、2003年から2015年の間に掲載され、掲載誌は、NatureやCell、NEJMなどのトップジャーナルが多い。告発文は今年8月14日付けで、東大本部に郵送で到着したのは8月17日、その後、22日付けで受理した。東大の学則では受理日から原則として...

この記事は会員限定コンテンツです。
ログイン、または会員登録いただくと、続きがご覧になれます。

インデックス(一覧

日病協、来年度改定要望第2弾は5項目が柱 2017/8/19

「個別指導で医師の人権侵害阻止」、埼玉の開業医 2017/8/16

4師会、加藤厚労相に受動喫煙防止の要望書 2017/8/10

産婦人科後期研修医の自死、労災認定 2017/8/10

「医療行為と刑事責任に関する研究会」、厚労省初会合 2017/8/9

分娩施設集約化は「崩壊決定的に」と危機感 2017/8/8

退任の塩崎前厚労相「新しい医療の形とその下での働き方を」 2017/8/5

受動喫煙防止対策で数値目標の扱い言及せず 2017/8/4

「人生の最終段階における医療」の議論、厚労省開始 2017/8/4

安倍首相「働き方改革の実行を」、加藤厚労大臣に期待 2017/8/4

不採算地区での医師確保「財政措置の充実を」総務省研究会 2017/8/3

東大・分生研教授ら、5報の論文で不正行為 2017/8/2

「6つの医師確保対策」、第7次医療計画の厚労省通知 2017/8/1

4000人が参列、日野原聖路加国際病院名誉院長の告別式 2017/7/30

「緊急対応宣言」で新患や救急受け入れ制限-片柳憲雄・新潟市民病院院長に聞く◆Vol.2 2017/7/27

四病協、控除対象外消費税問題解消など要望 2017/7/26

日病協、地域包括ケア病棟に関する議論を注視 2017/7/25

日病独自の「病院総合医」、2018年4月から育成 2017/7/25

新たに2人の死亡を報告、慈恵医大 2017/7/24

「在宅と救急」の在り方巡り、300人が議論 2017/7/23