m3.com トップ>医療維新>スペシャル企画|島根大“事故...>主治医へのヒアリング、1回5分のみ◆Vol.3

主治医へのヒアリング、1回5分のみ◆Vol.3

「事実認定に誤り」、高裁に指摘されたわけ

2016年9月28日 橋本佳子(m3.com編集長)


「2回目の吸引分娩が失敗した12時22分頃には、手術室に帝王切開の準備を依頼しており、その後の吸引は、同41分に手術室の準備完了の連絡を待つまでに行われたものであって、吸引分娩に過度にこだわりすぎていて、その結果、帝王切開への切り替え時期が遅れたものとも認められない。この点、被控訴人病院の医療事故調査委員会は、上記遅れを指摘しているが、前提となる事実認定に誤りがあり、指摘は適切ではない」広島高裁判決で、こう指摘された島根大病院の「医療事故調査委員会」の報告書。島根大病院は、2006年9月7日の事...

この記事は会員限定コンテンツです。
ログイン、または会員登録いただくと、続きがご覧になれます。

前の記事 次の記事