m3.com トップ>医療維新>レポート|医療裁判の判...>研修医、非専門医の急性心筋梗塞見落としの責任は?

研修医、非専門医の急性心筋梗塞見落としの責任は?

長崎地裁の和解を詳報 、5300万円請求に対し解決金400万円

2016年10月23日 高橋直純(m3.com編集部)


長崎市立市民病院(現・長崎みなとメディカルセンター市民病院)で診察に当たった研修医らが適切な診断を行わなかったことが原因で患者女性(死亡時63歳)が直後に死亡したとして、遺族が病院を運営する市立病院機構に約5300万円の損害賠償を求めた訴訟は2016年6月、長崎地裁(田中俊行裁判長)で和解が成立した。病院側が解決金400万円を支払い、遺憾の意を示し、医療安全体制を構築する内容だった。ポイントとなったのは、診察に当たった研修医、および循環器専門医でない内科医が、結果として急性心筋梗塞の兆候を見逃し...

この記事は会員限定コンテンツです。
ログイン、または会員登録いただくと、続きがご覧になれます。

前の記事 次の記事

医療裁判の判決詳報に関する記事(一覧

高裁、原審判決を踏襲-静岡地裁、東京高裁判決を詳報◆Vol.5 2017/6/19

「深く穿刺しないようにする義務を怠った」裁判所の判断-静岡地裁、東京高裁判決を詳報◆Vol... 2017/6/12

発症までの経緯として裁判所が認定した事実-静岡地裁、東京高裁判決を詳報◆Vol.3 2017/6/5

上肢の全廃、「心的要因も」病院側が反論-静岡地裁、東京高裁判決を詳報◆Vol.2 2017/5/28

“技量ない”看護師の穿刺でCRPS発症か-静岡地裁、東京高裁判決を詳報◆Vol.1 2017/5/23

損害賠償金30万円、患者の自己決定権を侵害-横浜地裁判決を詳報◆Vol.3 2017/5/14

CT後に心臓カテーテル検査をすることの是非-横浜地裁判決を詳報◆Vol.2 2017/5/5

「増収のために不要な検査」は事実か-横浜地裁判決を詳報◆Vol.1 2017/5/3

「院内事故調報告書」と「外部専門家の意見書」-愛知がんセンター和解訴訟の詳報◆Vol.2 2017/2/12

院内事故調報告書が裁判資料に、愛知県がんセンター和解訴訟の詳報◆Vol.1 2017/2/11

研修医、非専門医の急性心筋梗塞見落としの責任は? 2016/10/23

誤嚥死亡で和解金600万、神戸地裁での双方の主張を詳報 2016/9/10

帝王切開で死亡、遺族の請求認めた「高裁の判断」◆Vol.2 2016/6/23

帝王切開で死亡、高裁が認定した事実◆Vol.1 2016/6/20

抜管時過失で1億2000万賠償、神戸地裁判決を詳報 2016/6/12

都立松沢病院紙おむつ異食死裁判、和解内容を詳報 2016/4/8

「医師夫は患者家族の立場で付き添い」、茨城医療過誤訴訟◆Vol.3 2015/10/31

「同意書あっても説明不十分」と判断、再生医療 2015/5/29

「敗血症見逃しは医師の過失」と判断、茨城医療過誤訴訟vol.2 2015/3/6

家族への診察は医師の責任か、茨城医療過誤訴訟vol.1 2015/2/27