m3.com トップ>医療維新>オピニオン>群馬大学病院事件を考える:認識、想像力、柔軟な発想

群馬大学病院事件を考える:認識、想像力、柔軟な発想

最優先課題はインフォームド・コンセント

2016年10月2日 小松秀樹(元亀田総合病院副院長)


想像力と柔軟性群馬大学病院の旧第二外科で、腹腔鏡下肝切除術の術後死亡率が高いことが、群馬大学全体を巻き込む大きな問題に発展した。その後、群馬大学病院で改革が進んでいる。関係者の努力を多としたい。しかし、事件には、人間の利己的性質、人の行動を支配する権力構造の性質、「旧慣への惑溺」(福沢諭吉『文明論の概略』)など厄介な問題がかかわっている。杓子定規に煩雑な手続きを現場に課しても、安全性は高まらない。現状の正しい認識、優先順位、想像力と柔軟な発想による賢い対応が必要になる。何年か前、群馬大学病院に講...

この記事は会員限定コンテンツです。
ログイン、または会員登録いただくと、続きがご覧になれます。

前の記事 次の記事