m3.com トップ>医療維新>オピニオン>群馬大学病院事件を考える:認識、想像力、柔軟な発想

群馬大学病院事件を考える:認識、想像力、柔軟な発想

最優先課題はインフォームド・コンセント

2016年10月2日 小松秀樹(元亀田総合病院副院長)


想像力と柔軟性群馬大学病院の旧第二外科で、腹腔鏡下肝切除術の術後死亡率が高いことが、群馬大学全体を巻き込む大きな問題に発展した。その後、群馬大学病院で改革が進んでいる。関係者の努力を多としたい。しかし、事件には、人間の利己的性質、人の行動を支配する権力構造の性質、「旧慣への惑溺」(福沢諭吉『文明論の概略』)など厄介な問題がかかわっている。杓子定規に煩雑な手続きを現場に課しても、安全性は高まらない。現状の正しい認識、優先順位、想像力と柔軟な発想による賢い対応が必要になる。何年か前、群馬大学病院に講...

この記事は会員限定コンテンツです。
ログイン、または会員登録いただくと、続きがご覧になれます。

前の記事 次の記事

インデックス(一覧

本庶佑氏、ストックホルムでも子宮頸がんワクチン問題に警鐘 2018/12/11

「がん撲滅」への道を示す2018年の本庶佑氏ノーベル・レクチャー 2018/12/11

公開中止の映画『MMRワクチン告発』の「一度限りの上映会」 2018/11/23

2018年ジョン・マドックス賞受賞者は「元ナチュロパシー医」 2018/11/19

3度の肉体的危機を乗り越えた開業医の『国民皆保険ものがたり』【後編】 2018/11/17

3度の肉体的危機を乗り越えた開業医の『国民皆保険ものがたり』【前編】 2018/11/11

国立保健医療科学院における診断支援研究 2017/8/10

「村上智彦先生が遺したもの」 2017/5/19

「基幹施設は大学が基本」が招く産科医療の危機 2017/2/7

医療事故調査・支援センター、今すぐにできること 2017/1/22

外来1回3円、入院1日12円で無過失補償制度が実現可能 2016/12/2

群馬大学病院事件を防ぐ:新規診療許可制度私案 2016/10/9

群馬大学病院事件を考える:認識、想像力、柔軟な発想 2016/10/2

“大学依存”では医師のキャリア拓けず 2015/8/8

公立病院での少し困った裁判和解例 2015/6/13

NHKクロ現「増える“原因不明死”」を見て 2015/6/13

除染作業員の健康懸念、基礎疾患の未治療多数 2015/5/27

NHKクロ現「残薬リスク」を見て 2015/5/23

“黒塗りされた産業医”に、健康管理してほしいですか? 2015/5/22

初期研修、診療の幅と専門性のバランス必要 2015/5/16