m3.com トップ>医療維新>オピニオン>群馬大学病院事件を防ぐ:新規診療許可制度私案

群馬大学病院事件を防ぐ:新規診療許可制度私案

「標準から逸脱した医療の早期発見のために」

2016年10月9日 小松秀樹(元亀田総合病院副院長)


群馬大学病院事件の第三者調査委員会は、結論部分で、以下の課題を提示した。「日常診療の中に標準から逸脱した医療が登場した場合、それを早期に発見し、より安全な医療へと是正する自浄的な取り組みをするにはどうすればよいか」筆者はこのための一つの手段として、新規診療許可制度を提案する。すべてを解決するのは不可能だが、多少なりとも現状を改善できれば幸いである。新規診療許可制度新規診療許可制度は、個別病院内で、申請・審査・許可・実施・結果報告を一連の流れとして制度化するものである。うまく機能すれば、新規診療を...

この記事は会員限定コンテンツです。
ログイン、または会員登録いただくと、続きがご覧になれます。

前の記事 次の記事