m3.com トップ>医療維新>レポート>「裁判になれば、事故調制度は停止を」医学部長会議が申し入れ

「裁判になれば、事故調制度は停止を」医学部長会議が申し入れ

「医療安全の確保という制度の目的」から外れると説明

2016年9月28日 高橋直純(m3.com編集部)


全国医学部長病院長会議は9月27日の定例記者会見で、日本医療安全調査機構に申入書を提出したと報告した。裁判になることが明らかになる場合には、医療事故調査制度に則った事故調査を停止すべきと訴えている。申入事項の6番目では、「事故調査報告書が係争の具として利用されることが明らかな場合には、医療安全の確保という制度の目的に鑑みて、貴機構において今回の法に規定される作業は行わない。係争の手段として行われる事象は全て、この法の埒外にて処理すべきである」と記載されている。「大学病院の医療事故対策委員会」委員...

この記事は会員限定コンテンツです。
ログイン、または会員登録いただくと、続きがご覧になれます。

インデックス(一覧

消費税問題「診療報酬での手当限界、無理」 2018/5/25

偏在や働き方改革などで要望、全自病 2018/5/25

医療費削減だけが目的にあらず、厚労省データヘルス改革 2018/5/25

兵庫医科大、iSC細胞の松山氏らが最終講義◆Vol.2 2018/5/25

消費税問題など概算要求に関し要望、四病協 2018/5/23

医学生がダビンチ体験、「将来は主流に」 2018/5/22

外科系医師、「手当」充実で着実に確保、山形大 2018/5/18

NCの在り方、連携や棲み分け強調 2018/5/11

「整骨院」はいいのか?柔整、あはきの広告規制の検討会開始 2018/5/11

医学部定員、2020、21年度分「速やかに示して」 2018/5/10

「条件付き」「先駆け」審査の制度化を要望、日薬連 2018/5/9

「医療広告ガイドライン」、6月1日から施行へ 2018/5/9

兵庫医科大、主任教授・佐野氏らが最終講義◆Vol.1 2018/5/6

医学生の医行為、27年ぶりに改訂へ、パブコメ経て決定 2018/4/25

「医師少数区域」勤務、「働き方改革にも逆行」とけん制 2018/4/25

柔整「施術内容の本人確認」を2019年度中実施に向け検討 2018/4/24

倉敷中央病院、38人の専攻医集めるも「不安」残る 2018/4/23

「医師少数区域」勤務に「経済的インセンティブ」検討 2018/4/20

「『医師会の大義』の共有を」、日医・将来ビジョン委 2018/4/19

消費税「補填不足は病院で明白」、日病協 2018/4/17