m3.com トップ>医療維新>レポート|中央社会保険...>オプジーボの「緊急的な対応」、薬価専門部会で合意

オプジーボの「緊急的な対応」、薬価専門部会で合意

時期は2017年度の可能性、最大の焦点は「薬価引き下げ幅」

2016年10月5日 橋本佳子(m3.com編集長)


厚生労働省は10月5日の中央社会保険医療協議会薬価専門部会(部会長:西村万里子・明治学院大学法学部教授)に、抗PD-1抗体製剤オプジーボ(一般名ニボルマブ)などの高額薬剤の「緊急的な対応」として、「2015年10月から2016年3月までの間に効能効果が追加」され、かつ「年間販売額1000億円超、当初の市場予測から10倍以上の拡大」の薬を、「市場拡大の程度が極めて突出した薬剤」として位置付け、薬価を引き下げる方針を改めて提示、診療側と支払側ともに異論は出ず、合意した(資料は、厚労省のホームページ)...

この記事は会員限定コンテンツです。
ログイン、または会員登録いただくと、続きがご覧になれます。

中央社会保険医療協議会に関する記事(一覧

2021年度薬価改定「乖離率が大きい品目のみ」を要望、製薬団体 2020/11/25

来年度の薬価改定、診療側「見送りも視野に議論を」 2020/11/18

国内初のGLP-1経口薬を薬価収載へ 2020/11/11

ニコチン依存症治療アプリを保険適用、2540点 2020/11/11

世界初、唾液で新型コロナ・インフル同時検査が可能に 2020/11/11

費用対効果評価「検証・課題抽出を」 2020/10/28

幸野氏、診療報酬COVID-19特例の影響把握求める 2020/9/16

新型コロナ受け入れ救急医療管理加算5倍、4750点算定可に 2020/9/14

診療報酬COVID-19臨時措置拡充、結論出ず「会長預かり」に 2020/8/19

5月は前年比で患者2割減、レセプト件数分析 2020/8/19

薬価調査は懸念残しつつ了承、中医協 2020/7/22

新型コロナ・インフル、同時検査が可能に 2020/7/22

新型コロナ対応、DPCの「地域医療係数」で評価を 2020/6/17

薬価調査、厚労省が規模縮小を提案 2020/6/17

2020年度改定検証調査、新型コロナの影響と区別する難しさも 2020/6/17

診療報酬の新型コロナ特例で診療側「継続を」、中医協 2020/5/27

毎年の薬価改定に向け議論開始も「薬価調査は極めて厳しい状況」 2020/5/27

重症・中等症で診療報酬3倍決定、新型コロナ対応 2020/5/25

新型コロナ抗原検査キットは600点、13日から適用 2020/5/13

ゾルゲンスマの薬価、1億6700万円で了承も疑義多々 2020/5/13