m3.com トップ>医療維新>レポート|医療従事者の...>診療科別の「専攻医研修枠」、JCHO尾身氏が提案

診療科別の「専攻医研修枠」、JCHO尾身氏が提案

保険医登録「2段階制」も、医師不足地域勤務が管理者要件

2016年10月6日 橋本佳子(m3.com編集長)


厚生労働省の「医療従事者の需給に関する検討会」の「医師需給分科会」(座長:片峰茂・長崎大学学長)は10月6日に第8回会議を開催、参考人として出席した地域医療機能推進機構理事長の尾身茂氏は、医師偏在対策として、各都道府県別あるいは2次医療圏ごとに、各診療科別の「専攻医研修枠」を設定することを提案、多くの構成員の支持が得られた。尾身氏は、日本専門医機構の「専門医研修プログラムと地域医療にかかわる新たな検討会」に、公衆衛生の専門家として加わった立場から発言、新専門医制度が混乱したのは、関係者間の綱引き...

この記事は会員限定コンテンツです。
ログイン、または会員登録いただくと、続きがご覧になれます。

前の記事 次の記事