m3.com トップ>医療維新>レポート>“医療の溝”、熊本地震で生じず、8000人以上が医療支援

“医療の溝”、熊本地震で生じず、8000人以上が医療支援

第58回全日本病院学会シンポ、東日本大震災の教訓生きる

2016年10月10日 橋本佳子(m3.com編集長)


10月8日に熊本市で開催された第58回全日本病院学会のシンポジウム「熊本地震と医療体制県内・県外の動き」で、厚生労働省DMAT事務局次長で、国立病院大阪医療センター救命救急センター医長の若井聡智氏は、「東日本大震災で起きた“医療の溝”は、今回は起きなかった」と述べ、DMATを中心に今年4月の熊本地震に対する医療支援活動を総括した。国立病院大阪医療センター救命救急センター医長の若井聡智氏“医療の溝”とは、発災直後の急性期で展開するDMATから、避難所などでの医療救護活動を行うJMATなどへの引き継...

この記事は会員限定コンテンツです。
ログイン、または会員登録いただくと、続きがご覧になれます。

インデックス(一覧

HPVワクチン積極的接種勧奨差し控えから6年、「早期再開を」 2019/6/13

オンライン診療実施医師は研修必修に、指針改定案まとまる 2019/6/11

「ACP導入で高齢者医療費を削減」、老年医学会理事長は否定 2019/6/10

老年医学会「適切なACP推進」を提言 2019/6/10

3度不合格の女性「なぜ人の人生を性別で品定めするのか」、東京医大訴訟 2019/6/7

2020年度内に医療従事者向けAI教育プログラムを構築、厚労省 2019/6/7

「データの利活用の促進」主眼、規制改革推進会議が第5次答申 2019/6/7

「医師少数区域等を支援する機能」、全地域医療支援病院に必要か 2019/6/6

特定機能病院の承認要件見直し、厚労省案でまとまらず 2019/6/6

妊婦加算「そのまま再開は不適当」 2019/6/6

承認から8年目、ロタワクチン定期接種化に向けた審議続く 2019/6/6

2020年度改定「医師偏在是正」要望へ、「地域医療を守る病院協議会」 2019/6/5

日医会長「まずは都道府県内の医師偏在是正を」 2019/6/5

加熱式たばこの“禁煙推進抑止効果”に警鐘 2019/6/4

遺体を取り違えて解剖、遺族に謝罪、仙台厚生病院 2019/6/3

公立福生病院の透析終了、「真摯な意思は明らか」 2019/6/1

「卒前・卒後教育のシームレス化」提言へ、AJMC 2019/6/1

「医師法21条、解釈は不変」、医療法務研究協会が再度確認 2019/5/31

オンライン診療で緊急避妊薬処方、要件まとまる 2019/5/31

「AI医療機器の承認迅速化を」協議会が設立総会 2019/5/31