m3.com トップ>医療維新>レポート>「マギーズ東京」オープン、イギリス発祥、海外では2番目

「マギーズ東京」オープン、イギリス発祥、海外では2番目

がん患者・家族の居場所目指す、内覧会参加者は500人超す

2016年10月11日 橋本佳子(m3.com編集長)


「がん患者とその家族や友人が、自分の力を取り戻す居場所」を目指す、「マギーズ東京」が10月10日、東京都江東区にオープンした。運営は、NPO法人マギーズ東京。長年訪問看護に従事、この分野では著名な秋山正子氏と、20代でがんを経験した鈴木美穂氏が共同代表を務める。看護師や心理士が、がん患者やその家族の話を聞き、心理的なサポートをするほか、がん治療中の食事、生活の工夫などの実用的なサポート、リラクゼーションプログラムなども提供する。相談料は無料で、初期および運営費用は寄付で賄う。10日の内覧会の来場...

この記事は会員限定コンテンツです。
ログイン、または会員登録いただくと、続きがご覧になれます。

インデックス(一覧

会長に山下・山形大医学部長、副会長は羽生田・愛知医大病院長、AJMC 2018/5/26

専門医とかかりつけ医&患者を結ぶオンライン診療でも活用 2018/5/26

5つの医療情報ネットワーク、継続運用のコツ紹介 2018/5/26

消費税問題「診療報酬での手当限界、無理」 2018/5/25

偏在や働き方改革などで要望、全自病 2018/5/25

医療費削減だけが目的にあらず、厚労省データヘルス改革 2018/5/25

兵庫医科大、iSC細胞の松山氏らが最終講義◆Vol.2 2018/5/25

消費税問題など概算要求に関し要望、四病協 2018/5/23

医学生がダビンチ体験、「将来は主流に」 2018/5/22

外科系医師、「手当」充実で着実に確保、山形大 2018/5/18

NCの在り方、連携や棲み分け強調 2018/5/11

「整骨院」はいいのか?柔整、あはきの広告規制の検討会開始 2018/5/11

医学部定員、2020、21年度分「速やかに示して」 2018/5/10

「条件付き」「先駆け」審査の制度化を要望、日薬連 2018/5/9

「医療広告ガイドライン」、6月1日から施行へ 2018/5/9

兵庫医科大、主任教授・佐野氏らが最終講義◆Vol.1 2018/5/6

医学生の医行為、27年ぶりに改訂へ、パブコメ経て決定 2018/4/25

「医師少数区域」勤務、「働き方改革にも逆行」とけん制 2018/4/25

柔整「施術内容の本人確認」を2019年度中実施に向け検討 2018/4/24

倉敷中央病院、38人の専攻医集めるも「不安」残る 2018/4/23