m3.com トップ>医療維新>レポート>「医療崩壊を誘発、不当な勾留」、準強制わいせつ罪・起訴医師

「医療崩壊を誘発、不当な勾留」、準強制わいせつ罪・起訴医師

東京保険医協会、早期釈放を求め東京地裁に嘆願書

2016年10月14日 橋本佳子(m3.com編集長)


東京保険医協会は10月14日に都内で記者会見を行い、東京都足立区の柳原病院で自身が執刀した女性患者に対する準強制わいせつ容疑で逮捕、起訴された乳腺外科医の早期釈放を求める嘆願書を、東京地裁の刑事部所長らに提出したことを公表した。嘆願書は10月12日付け。東京保険医協会会長の鶴田幸男氏は、「起訴後の現時点において、勾留の理由も、また勾留の必要性もないことは明らか。これ以上、勾留を続けることは、基本的人権を侵す上、医療行為をなし得ないという、医師としての極めて重大な不利益が認められるだけでなく、他の...

この記事は会員限定コンテンツです。
ログイン、または会員登録いただくと、続きがご覧になれます。

インデックス(一覧

研究資金改革、「若手枠の応募、11倍に」末松理事長 2017/5/30

iPS細胞の臨床応用「1日でも早く、できるだけ安く患者に」 2017/5/30

がんゲノム医療の「中核拠点病院」、7カ所程度指定へ 2017/5/30

【大学別】医学部合格者数高校別ランキング2017 2017/5/30

日病新会長に相澤孝夫副会長、社員総会・理事会で決定 2017/5/29

DPC、簡素化の方向制を評価、日病協 2017/5/29

「第二の犠牲者を防げ!」、大磯・浜松医大教授 2017/5/28

診療・介護報酬同時改定、「国民負担の抑制」を 2017/5/26

原価計算方式、「イノベーション評価には不適当」、製薬協 2017/5/26

医師ら220人以上、「煙害死」を防げ! 2017/5/24

東京都医師会、「都独自の受動喫煙防止策を作る」 2017/5/18

第3期がん対策、重点分野は指定せず 2017/5/18

個人情報保護、新制度で安心の一方、懸念も 2017/5/16

日医、受動喫煙防止求める署名活動を開始 2017/5/10

「今」と「将来」の2段構え、日医「働き方検討委員会」設置 2017/5/10

東京医科歯科大、防犯対策を強化 2017/5/9

「医師の専従・専任配置」、医療安全に有効 2017/5/9

GW、医師会員オススメの観光地、レジャースポットは? 2017/5/2

日病協新議長・「きちんとした医療提供の評価を」 2017/5/1

外科医養成「3本柱」を提言、岡山大の菊地氏 2017/5/1