m3.com トップ>医療維新>レポート|ノーベル医学...>「人と違うことをやる」、ノーベル医学・生理学賞の大隅氏

「人と違うことをやる」、ノーベル医学・生理学賞の大隅氏

第54回日本癌治療学会学術集会で特別講演

2016年10月25日 橋本佳子(m3.com編集長)


横浜市で開催された第54回日本癌治療学会学術集会で10月21日、2016年のノーベル医学・生理学賞を受賞した、東京工業大学科学技術創成研究院特任教授の大隅良典氏が特別講演した。テーマは、受賞理由となった「酵母から始まったオートファジー研究」。ノーベル賞受賞の決定は、10月3日。大隅氏は、「私自身は前と全く変わっていないと思っているが、『こんな生活があるのかな』というほど、多忙で、非常にプレッシャーのある生活」と率直に近況を明かしながら、講演を始めた。「Howmanyredbloodcellsar...

この記事は会員限定コンテンツです。
ログイン、または会員登録いただくと、続きがご覧になれます。

前の記事 次の記事