m3.com トップ>医療維新>レポート|新たな医療の...>医師の働き方ビジョン検討会、「患者の価値中心」が第一

医師の働き方ビジョン検討会、「患者の価値中心」が第一

検討のたたき台整理、今年内に中間報告

2016年10月26日 橋本佳子(m3.com編集長)


厚生労働省の「新たな医療の在り方を踏まえた医師・看護師等の働き方ビジョン検討会」(座長:渋谷健司・東京大学大学院医学系研究科国際保健政策学教室教授)は10月25日、第2回会議を開催、今後の検討のたたき台として、(1)患者の価値中心、(2)キャリアデザインに中立的、(3)生産性と質の向上、(4)経済活力(イノベーション・国際化)への貢献、(5)地域住民の生活を深く支える――という5つのビジョンを提示した。(1)と(5)はオーバーラップするため、実質的に4つのビジョンとして整理される見通し。今後、各...

この記事は会員限定コンテンツです。
ログイン、または会員登録いただくと、続きがご覧になれます。

前の記事