m3.com トップ>医療維新>レポート|ノーベル医学...>一番の懸念は「1時間のレクチャー」、大隅氏が文化勲章受章

一番の懸念は「1時間のレクチャー」、大隅氏が文化勲章受章

「日本の研究者に必要なのは時間、精神的な余裕」と強調

2016年10月28日 高橋直純(m3.com編集部)


政府は10月28日、2016年のノーベル医学・生理学賞を受賞した東京工業大学科学技術創成研究院特任教授の大隅良典氏の文化勲章受章を発表した。受賞内示を受けて10月25日に開催された記者会見で、大隅氏は「(2015年の)文化功労者に続いて、文化勲章の内示をいただいて大変名誉なこと。ノーベル賞受賞によるものと理解しているが、私には重すぎる賞だなと思った」と喜びを語った。ノーベル賞受賞者は慣例的に文化勲章が授与される。大隅氏は会見で、「これ(受賞)で変わりようもないが、文化の面で一層世界に誇れる国にな...

この記事は会員限定コンテンツです。
ログイン、または会員登録いただくと、続きがご覧になれます。

前の記事 次の記事