m3.com トップ>医療維新>インタビュー|精神保健指定...>精神保健指定医取消、「医師のモラル欠如が原因」 - 松田ひろし・日精協副会長に聞く

精神保健指定医取消、「医師のモラル欠如が原因」 - 松田ひろし・日精協副会長に聞く

制度疲労や「教育の入口」での失敗も背景に

2016年11月7日 聞き手・まとめ:橋本佳子(m3.com編集長)


89人の指定取消に至った精神保健指定医問題(『101人の不正を認定、精神保健指定医、大学教授も対象』を参照)。処分決定は10月26日、同日付でいち早く声明を出したのが、日本精神科病院協会。多数の処分者が出た事態を「遺憾に思う」とした上で、「精神保健指定医の資格試験そのものが制度疲労を起こし、試験や研修の方法を改革すべき時期に差し掛かっていると主張し、厚労省に改善案の申し入れをした」との内容だ(資料は、同協会のホームページ)。同協会副会長の松田ひろし氏に、今回の事態の受け止めと改善案の内容について...

この記事は会員限定コンテンツです。
ログイン、または会員登録いただくと、続きがご覧になれます。

前の記事 次の記事