m3.com トップ>医療維新>レポート|新たな医療の...>「労働時間の基準設定」、NP・PA活用で働き方改革

「労働時間の基準設定」、NP・PA活用で働き方改革

働き方ビジョン検討会第4回、構成員プレゼン

2016年11月24日 橋本佳子(m3.com編集長)


厚生労働省の「新たな医療の在り方を踏まえた医師・看護師等の働き方ビジョン検討会」(座長:渋谷健司・東京大学大学院医学系研究科国際保健政策学教室教授)は11月24日、第4回会議を開催、第3回会議に続き、構成員がプレゼンテーションした。本検討会は、(1)地域で市民と患者の生活を支える、(2)専門性の追求と人生の選択の両立、(3)生産性と質の向上、(4)経済活力(イノベーション・国際化)への貢献――という4つの視点で議論をしており、24日の会議では、(2)から(4)についての提案だった。(2)に関する...

この記事は会員限定コンテンツです。
ログイン、または会員登録いただくと、続きがご覧になれます。

前の記事 次の記事