m3.com トップ>医療維新>レポート|奈良・勾留医...>告発状受理、「皆様のお力添えのおかげ」

告発状受理、「皆様のお力添えのおかげ」

【寄稿】出羽・岩手医科大学法医学教授

2016年11月24日 出羽厚二(岩手医科大学法医学講座教授)


奈良県で勾留中の医師が死亡した事件で、遺族が奈良県に損害賠償を求めた民事訴訟の意見書のほか、本事案を容疑者不詳のまま、奈良県警察本部に刑事告発したのが、岩手医科大学法医学講座教授の出羽厚二氏(『勾留中の男性医師死亡、法医が刑事告発したわけ』を参照)。m3.com医療維新で取り上げたところ、m3.com内外でさまざまな議論が展開されている。出羽氏に現時点での議論の受け止めを綴っていただいた。まず私は臨床経験が乏しく、病理の知識は標準以下の人間です。鑑定依頼が殺到する実力派の鑑定医ではありません。時...

この記事は会員限定コンテンツです。
ログイン、または会員登録いただくと、続きがご覧になれます。

前の記事 次の記事