m3.com トップ>医療維新>レポート|医師臨床研修...>最多は東北大、臨床研修の協力型病院数

最多は東北大、臨床研修の協力型病院数

8割強は「10施設以下」、基幹型による格差大

2016年11月25日 橋本佳子(m3.com編集長)


厚生労働省は、11月24日の医道審議会医師分科会医師臨床研修部会(部会長:桐野高明・東京大学名誉教授)に、臨床研修病院の「病院群」に関する資料を提示、1030の基幹型病院のうち、8割強は協力型病院数が10施設以下である一方、残る2割弱は11施設以上で、最多の東北大学病院は計81に上るなど、基幹型病院による開きが多いことが分かった。ただし、基幹型と協力型の連携状況が分からず、実際に研修医が行っているのかなど、中身まで踏み込んだデータを求める意見や、「協力型として名前を連ねることで、宣伝効果がある」...

この記事は会員限定コンテンツです。
ログイン、または会員登録いただくと、続きがご覧になれます。

前の記事 次の記事