m3.com トップ>医療維新>レポート|医師臨床研修...>専門医の取得希望92.6%、2016年度研修医調査

専門医の取得希望92.6%、2016年度研修医調査

厚労省中間報告、医師偏在解消のカギは「臨床研修地」

2016年11月26日 橋本佳子(m3.com編集長)


厚生労働省は、11月24日の医道審議会医師分科会医師臨床研修部会(部会長:桐野高明・東京大学名誉教授)で、「2016年臨床研修修了者アンケート調査結果概要(中間報告)」を公表、臨床研修修了後のキャリアパスに関する設問では、専門医取得の希望は92.6%に上ることが明らかになった。一方、医学博士の取得希望は41.5%にとどまり、若手医師の専門医志向が改めて確認された(資料は、厚労省のホームページ)。大学医局の入局予定は、全体では74.2%と7割を超える。ただし、臨床研修実施場所で見ると差があり、大学...

この記事は会員限定コンテンツです。
ログイン、または会員登録いただくと、続きがご覧になれます。

前の記事 次の記事