m3.com トップ>医療維新>レポート|乳腺外科医準...>柳原病院事件、電車の“わいせつ事件”と同列に扱うな!

柳原病院事件、電車の“わいせつ事件”と同列に扱うな!

稲門医師会シンポ、「医療の特殊性踏まえた判断スキーム」必要

2016年11月28日 橋本佳子(m3.com編集長)


稲門医師会・稲門法曹会は11月27日、乳腺外科医が準強制わいせつ罪で逮捕・起訴された「柳原病院事件」をテーマに合同シンポジウムを開催、電車内などでのわいせつ行為とは異なり、医療現場で起きている事件の特殊性を理解してもらうことが裁判のポイントになるとの指摘が相次いだ。司会を務めた、浜松医科大学医療法学教授で、医師兼弁護士の大磯義一郎氏は、「電車の痴漢行為では、女性に触るのは『異常』だが、医療行為の中で女性に触るのは、『正当業務行為』であり、電車の痴漢における判断フレームを、そのまま医療行為に用いる...

この記事は会員限定コンテンツです。
ログイン、または会員登録いただくと、続きがご覧になれます。

前の記事