m3.com トップ>医療維新>レポート|乳腺外科医準...>柳原病院事件、電車の“わいせつ事件”と同列に扱うな!

柳原病院事件、電車の“わいせつ事件”と同列に扱うな!

稲門医師会シンポ、「医療の特殊性踏まえた判断スキーム」必要

2016年11月28日 橋本佳子(m3.com編集長)


稲門医師会・稲門法曹会は11月27日、乳腺外科医が準強制わいせつ罪で逮捕・起訴された「柳原病院事件」をテーマに合同シンポジウムを開催、電車内などでのわいせつ行為とは異なり、医療現場で起きている事件の特殊性を理解してもらうことが裁判のポイントになるとの指摘が相次いだ。司会を務めた、浜松医科大学医療法学教授で、医師兼弁護士の大磯義一郎氏は、「電車の痴漢行為では、女性に触るのは『異常』だが、医療行為の中で女性に触るのは、『正当業務行為』であり、電車の痴漢における判断フレームを、そのまま医療行為に用いる...

この記事は会員限定コンテンツです。
ログイン、または会員登録いただくと、続きがご覧になれます。

前の記事

乳腺外科医準強制わいせつ逮捕・起訴事件に関する記事(一覧

事件当日、「身支度後は手洗いはせず」被告人質問 2018/11/21

法医学者「背筋が凍る思いだ」科捜研の手法を批判 2018/11/2

検察、弁護側の双方の麻酔科医の主張が対立 2018/10/31

乳腺外科医「触診や画像撮影は『適切』」 2018/10/5

「せん妄による幻覚の可能性」、弁護側証人の精神科医 2018/10/4

精神科医「術後せん妄で説明する必要はない」 2018/9/28

同室の患者「『お母さん助けて』と聞いていない」 2018/9/27

担当看護師「病室で2回、男性外科医を確認」 2018/9/26

前立ち医師「2人で240件の手術、問題生じたことない」 2018/9/13

被害女性「医師免許はく奪、長い実刑を」、乳腺外科医裁判 2018/9/12

乳腺外科医裁判が再開、「『犯罪』ではなく『症例』」 2018/9/11

乳腺外科医裁判、警察・検察側はDNA鑑定試料を廃棄 2018/8/4

乳腺外科医裁判、初公判から1年、公判再開見通せず 2017/12/28

検察側、依然として証拠開示せず、乳腺外科医裁判 2017/4/19

「証拠開示巡る攻防続く」、乳腺外科医裁判 2017/2/10

乳腺外科医裁判、「期日間整理手続」に移行 2017/1/8

男性外科医が保釈、勾留105日 2016/12/7

「乳腺外科医のプライドかけて無罪主張」、柳原病院事件初公判 2016/11/30

柳原病院事件、電車の“わいせつ事件”と同列に扱うな! 2016/11/28