m3.com トップ>医療維新>レポート|乳腺外科医準...>「乳腺外科医のプライドかけて無罪主張」、柳原病院事件初公判

「乳腺外科医のプライドかけて無罪主張」、柳原病院事件初公判

検察側、「男性外科医のDNA型検出された」と説明

2016年11月30日 高橋直純(m3.com編集部)


東京都足立区の柳原病院で自身が執刀した女性患者に対してわいせつな行為をしたとして、準強制わいせつ罪に問われた男性外科医の初公判が11月30日、東京地裁(大川隆男裁判官)で開かれた。男性外科医は罪状認否で「私はやっておりません。乳腺外科医のプライドにかけて無罪を主張します」と訴えた。男性外科医は、依然勾留されており、8月25日の逮捕以来、勾留は約3カ月に及ぶ。「失業や報道に伴う被害で家族が生活苦」男性外科医は罪状認否で、時折声を詰まらせながら「私はやっておりません。医師として、私は、右乳腺腫瘍切除...

この記事は会員限定コンテンツです。
ログイン、または会員登録いただくと、続きがご覧になれます。

前の記事 次の記事