m3.com トップ>医療維新>オピニオン>外来1回3円、入院1日12円で無過失補償制度が実現可能

外来1回3円、入院1日12円で無過失補償制度が実現可能

浜松医科大・大磯教授らの試算

2016年12月2日 大磯義一郎(浜松医科大学医学部法学教授)


11月19日の第11回医療の質安全学会学術集会において浜松医科大学医学部の医学生が研究した成果を発表した。医学生を指導した浜松医科大学医学部法学教授の大磯義一郎氏に発表内容をまとめてもらった。医学部医学科4年の森亘平、大野航らは「診療科間における「金銭的損害」を考慮した医療事故リスクの再考」を口演発表した。本研究は、1999年4月~2015年3月末までの医療訴訟判決(民事)を基に作成した、浜松医科大学法学教室のデータベースを活用している。医療訴訟頻度のみならず金銭的損害を考慮した医療事故リスクを...

この記事は会員限定コンテンツです。
ログイン、または会員登録いただくと、続きがご覧になれます。

前の記事 次の記事