m3.com トップ>医療維新>レポート|奈良・勾留医...>「死亡前日のカルテ、検査結果」掲載

「死亡前日のカルテ、検査結果」掲載

岩手医大・出羽氏、「医療界で検証を」

2016年12月6日 橋本佳子(m3.com編集長)


奈良県の山本病院に勤務していた男性医師(当時54歳)が、奈良県内の警察署に勾留中の2010年2月に死亡した事件(『勾留中の男性医師死亡、法医が刑事告発したわけ』を参照)。岩手医科大学法医学講座教授の出羽厚二氏が、本事件で奈良県警察本部に刑事告発したのは、男性医師の死因に疑問を抱いたからだ。司法解剖の鑑定書による死因は、急性心筋梗塞。これに対し、出羽氏が、遺族が奈良県を訴えた民事訴訟のために作成した意見書では、取り調べ中に、「頭部、胸部、上肢・下肢に鈍体による殴打で傷害を負い、横紋筋融解症を発症、...

この記事は会員限定コンテンツです。
ログイン、または会員登録いただくと、続きがご覧になれます。

前の記事 次の記事