m3.com トップ>医療維新>スペシャル企画|小説「朔風 ...>教授の無理難題、妻からの離婚要求【連載小説「朔風」第15回】

教授の無理難題、妻からの離婚要求【連載小説「朔風」第15回】

火曜日、金曜日に更新

2016年12月20日 久間十義(小説家)


[連載第1回はこちら]「そんなに心配しないでくれよ」健太朗の心持ちを忖度して、山下はいろいろ言い訳を並べた。「きょう日、医療訴訟を抱えない医者なんて珍しいってもんだよ。犬もあるけば棒にあたり、外科医がオペすりゃ訴訟にあたる。大丈夫だよ。何のために高い医師の賠償責任保険を掛けていると思っているんだ?こういうときの備えのためだろう、ん?」山下の強気の発言はしかし、その安易な口調が逆に心を重くさせることはあっても、決して励ましにはならなかった。というのも、当日は医局の会議に間に合わせるために胃の摘出後...

この記事は会員限定コンテンツです。
ログイン、または会員登録いただくと、続きがご覧になれます。

小説「朔風 ―バトラー病院の午後―」に関する記事(一覧

一種の運命だと思って【連載小説「朔風」第110回】 2017/11/17

再びデジャヴの中で【連載小説「朔風」第109回】 2017/11/14

先生、院長先生がお話になりたいそうです【連載小説「朔風」第108回】 2017/11/10

「大、丈、夫だ……」【連載小説「朔風」第107回】 2017/11/7

「……このまま病院まで運んでくれ」【連載小説「朔風」第106回】 2017/11/3

どうしたんです?しっかりしてください!【連載小説「朔風」第105回】 2017/10/31

そう言って、と耳打ちしたのだった【連載小説「朔風」第104回】 2017/10/27

コンサルタントの調査【連載小説「朔風」第103回】 2017/10/24

結局は薄っぺらなその場しのぎの改革になるのでは?【連載小説「朔風」第102回】 2017/10/20

富産別の現状を知ってもらう【連載小説「朔風」第101回】 2017/10/17

わたしは院長の”お気に入り”ですから【連載小説「朔風」第100回】 2017/10/13

今回の「査問騒動」のあらまし【連載小説「朔風」第99回】 2017/10/10

謀反を起こすような人は一緒にはやっていけない【連載小説「朔風」第98回】 2017/10/6

発表は12時近くにまでずれ込んだ【連載小説「朔風」第97回】 2017/10/3

「結局、みんな自分の都合しか考えていない」【連載小説「朔風」第96回】 2017/9/29

「先生はもう少し大人の男っぽいものを」【連載小説「朔風」第95回】 2017/9/26

「病棟だってバッサリ削ってもいい」【連載小説「朔風」第94回】 2017/9/22

市長と院長、二人の直接交渉【連載小説「朔風」第93回】 2017/9/19

「先生たちの説得が効いたのでは?」【連載小説「朔風」第92回】 2017/9/15

「このまま市立病院として存続できるとは思われないよ」【連載小説「朔風」第91回】 2017/9/12