m3.com トップ>医療維新>スペシャル企画|小説「朔風 ...>教授の無理難題、妻からの離婚要求【連載小説「朔風」第15回】

教授の無理難題、妻からの離婚要求【連載小説「朔風」第15回】

火曜日、金曜日に更新

2016年12月20日 久間十義(小説家)


[連載第1回はこちら]「そんなに心配しないでくれよ」健太朗の心持ちを忖度して、山下はいろいろ言い訳を並べた。「きょう日、医療訴訟を抱えない医者なんて珍しいってもんだよ。犬もあるけば棒にあたり、外科医がオペすりゃ訴訟にあたる。大丈夫だよ。何のために高い医師の賠償責任保険を掛けていると思っているんだ?こういうときの備えのためだろう、ん?」山下の強気の発言はしかし、その安易な口調が逆に心を重くさせることはあっても、決して励ましにはならなかった。というのも、当日は医局の会議に間に合わせるために胃の摘出後...

この記事は会員限定コンテンツです。
ログイン、または会員登録いただくと、続きがご覧になれます。

小説「朔風 ―バトラー病院の午後―」に関する記事(一覧

市長と院長、二人の直接交渉【連載小説「朔風」第93回】 2017/9/19

「先生たちの説得が効いたのでは?」【連載小説「朔風」第92回】 2017/9/15

「このまま市立病院として存続できるとは思われないよ」【連載小説「朔風」第91回】 2017/9/12

不安とも恍惚ともつかぬ余韻【連載小説「朔風」第90回】 2017/9/8

いくらでも邪推が可能な言い方だったが【連載小説「朔風」第89回】 2017/9/5

「やっと二人っきりになれたわね」【連載小説「朔風」第88回】 2017/9/1

別れた妻からの電話【連載小説「朔風」第87回】 2017/8/29

ベッドサイドに置いていた携帯が鳴った【連載小説「朔風」第86回】 2017/8/25

「『病院をやめてしまえ!』というのは、どう考えても乱暴な意見でしょう」【連載小説「朔風」第... 2017/8/22

先生の仰るとおりまだ望みがあります【連載小説「朔風」第84回】 2017/8/18

「オマエを北斗医大の医局に迎え入れたいくらいだよ」【連載小説「朔風」第83回】 2017/8/15

事務方だけはそのまま既得権は死守という訳だ【連載小説「朔風」第82回】 2017/8/11

「おかしなことはしませんから」【連載小説「朔風」第81回】 2017/8/8

一緒にコンサルに会ってもらえないか【連載小説「朔風」第80回】 2017/8/4

「ただ念のためだよ。主治医の先生?」【連載小説「朔風」第79回】 2017/8/1

検査の結果をお知りになりたいそうです【連載小説「朔風」第78回】 2017/7/28

「院長の変調には気づいていた?」【連載小説「朔風」第77回】 2017/7/25

結美はわざと健太朗を刺激するところがある【連載小説「朔風」第76回】 2017/7/21

あなたのお部屋がどんな様子なのか興味があるし…【連載小説「朔風」第75回】 2017/7/18

ボクを引き込むために、いっしょに寝たのか【連載小説「朔風」第74回】 2017/7/14